> 
 > 会社情報

会社情報

タケモトピアノ

  • 企業理念
  • 会社概要
  • 所在地
  • 沿革
  • 商標/特許

企業理念

1979年に創業のタケモトピアノは世界の子供たちに、日本の高品質な中古ピアノを届け、笑顔と音楽のあふれる、平和で豊かな社会の実現に貢献することを企業理念としております。

五つの心・経営方針・行動計画

五つの心
志ある仕事をしよう
人をまねない、まねられない、自分の好きなことに取り組もう
愛される商売をしよう
自分の欲する事を、望まれる以上の喜びとともに提供し、正しい利益を生もう
探究心を持とう
まちがいを正さないことを恐れよう 時代の波を感じ、当たり前に疑問を持とう
一番の誇りを持とう
やるからには、自分たちの一番を大切にし、一番に始め、一番を目指そう
魂の入った仕事をしよう
やらされるな、自分でやろう 手間を惜しまず、磨き上げよう
経営方針
我々は起業家である
時代のチャンスを見つけ、アイデアを出し、新たなビジネスモデルを 追求し続けることが我々の事業である。
利益創造は企業の使命である
高い利益率が経営を安定させる。1人当たり経営利益目標を常に意識する。
技術指向、本物志向
自社の中に「技術」を確立する。「本物を造る」という気持ちを持つ。
技術者魂の入ったピアノ作りに取り組む。
分社・グループ経営
社員一人一人が経営者感覚を持つ。将来、「タケモトピアノ」を核として、社員が主役になるグループ経営の実現を目指す。
行動計画
社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

 

1.計画期間
令和 2 年 3 月 6 日 ~ 令和 7 年 3 月 5 日までの5年間
2.内容
目標1:
育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知
<対策>
●令和 2 年 12 月 ~ 諸制度を調査し、掲示板又は社内新聞に掲載
目標2:
年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施
<対策>
●令和 2 年 3 月 ~ 諸制度を調査し、掲示板又は社内新聞に掲載
目標3:
託児室・授乳コーナーや乳幼児と一緒に利用できるトイレの設置等の整備
<対策>
●令和 2 年 3 月 ~ 利用頻度の少ない場所に託児室・授乳コーナーを設置

会社概要/所在地

会社名 タケモトピアノ株式会社 TAKEMOTO PIANO CO., LTD.
本社所在地 〒590-0984 大阪府堺市堺区神南辺町3丁107-16
電話番号 072-232-2274(代表)
FAX番号 072-232-1170(代表)
資本金 100,000,000円(2010年1月)
関連会社 ピアノバンク株式会社 / タケモット株式会社
古物の取り扱いに関して

大阪府公安委員会
古物商許可証
第622071006538号

大阪府公安委員会古物商許可証 第622071006538号
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 / 紀陽銀行/みずほ銀行/商工組合中央金/京都銀行/りそな銀行/南都銀行
輸出先 世界50ケ国以上
アメリカ合衆国、カナダ、スペイン、
英国、ドイツ、オランダ、イタリア、
フランス、ポルトガル、マレーシア、フィリピン、
ベトナム、シンガポール、オーストラリア、
香港、台湾、韓国、中国など
調査研究機関(Think tank) 新日本有限責任監査法人
加盟団体 公益社団法人 関西経済連合会
一般社団法人 日本中古ピアノ協会

アクセスマップ

・新大阪より(所要時間40分)

新大阪駅→地下鉄御堂筋線-難波駅→
南海本線-堺駅→徒歩

・関西空港より(所要時間40分)

関西空港→南海本線-堺駅→徒歩

・伊丹空港より(所要時間70分)

伊丹空港→空港バス(約25分)→難波駅
南海本線-堺駅→徒歩

・自動車

新大阪駅から40分
関西空港から50分
阪神高速道路 湾岸線 大浜出口より約5分

堺駅は特急・急行、すべての列車が停車します。所要時間は駅からの徒歩7分を含んでおります。

・新倉庫 アネックス

本社より徒歩2分

アクセスマップ
Googlemapを見る

沿革

2019年
令和1年 11月
ピアノ専用洗浄剤「ピアノシャンプー」商標登録
2019年
令和1年 6月
業界初のPANASONIC「パワーアシストスーツ」を本格導入
2019年
令和1年 5月
業界初の自動ピアノ反転機をTOYOTAと開発
2018年
平成30年 10月
ベトナム政府より「FDI30周年式典」への正式招待を受け参加(ハノイ市)
2018年
平成30年 3月
創業40周年を記念し「ピアノエキスポ2018」を開催
2018年
平成30年 2月
ピアノ搬送用フォークリフトを当社用に完全改修(開発期間5年)
2017年
平成29年 5月
CM好感度ランキング9位獲得
2016年
平成28年 4月
自動警備ロボット導入
2016年
平成28年 4月
大型ピアノ展示場「ANNEX(アネックス)」にてピアノミュージアム開設
2016年
平成28年 4月
大型ピアノ展示場「ANNEX(アネックス)」竣工式と同時に社長就任式典を開催
2016年
平成28年 4月
大阪府堺市堺区にて大型ピアノ展示場「ANNEX(アネックス)」が竣工
2015年
平成27年 11月
竹本圭一が3代目社長として就任
2015年
平成27年 10月
グランドピアノ専用梱包機を業界初で導入
2014年
平成26年 11月
関西経済連合会に加入
2014年
平成26年 10月
在大阪ベトナム社会主義共和国総領事より独立記念日祝賀会に正式招待(以降毎年招待を受けている)
2014年
平成26年 10月
堺市主催のアセアンウィーク初参加(以降毎年参加)
2013年
平成25年 1月
タケモトピアノのCMソング発売がYaooニュースなど大きく報じられる
2013年
平成25年 1月
タケモトピアノのCMソングを「日本コロムビア株式会社」より発売
2012年
平成24年 3月
業界初となる「完全自動ピアノ搬送機」をTOYOTAと独自開発導入
2012年
平成24年 3月
スマートフォンアプリ「PiaNavi」を世界同時発売開始
2011年
平成23年 3月
フランクフルト・ミュージックメッセにてスマートフォンアプリ「PiaNavi」をプレスリリース
2010年
平成22年 6月
第5回日本経済活性シンポジュームに竹本会長がパネリストとして参加
2010年
平成22年 6月
タケモトピアノプレゼンツ関西テレビ主催の「3000人の吹奏楽」が50周年の記念式典
2010年
平成22年 4月
一般社団法人日本中古ピアノ協会正規会員に加入
2010年
平成22年 1月
資本金1億円に増資
2009年
平成21年 3月
大阪府堺市堺区に新本社ビルと物流ロジセンター完成
2008年
平成20年 12月
財団法人日本電信電話ユーザー協会から「伸基幹システム構築」を表彰される
2008年
平成20年 10月
独自開発の「ピアノ専用大型3軸バフ機」を開発導入
2007年
平成19年 11月
コンプライアンスプロジェクト発足
2005年
平成17年 12月
社債発行
2005年
平成17年 11月
「タケモトピアノ」商標登録
2004年
平成16年 9月
業界初の「全自動ピアノバフ機」を独自開発導入
2005年
平成17年 6月
関西テレビ主催の「3000人の吹奏楽」のメインスポンサー採用
2004年
平成16年 4月
「タケモトピアノ株式会社」に社名変更
2003年
平成15年 9月
「タケモトピアノの歌」発表 オリコンチャート7位入賞
2003年
平成15年 3月
フランクフルト・ミュージックメッセにて東洋ピアノ製造株式会社OEM生産の「TAKEMOTO」をプレスリリース
2003年
平成15年 1月
アメリカ・アナハイムにてミュージックメッセ開催中に近郊ホテルにて「タケモトピアノ展示商談会inアナハイム」を同時開催
2002年
平成14年 10月
中国にて初の上海・ミュージックメッセ出展
2002年
平成14年 3月
フランクフルト・ミュージックメッセ同時開催でヒルトンホテルにて「タケモトピアノ展示商談会inフランフルト」を同時開催
2002年
平成14年 3月
フランクフルト・ミュージックメッセ出展
2001年
平成13年 11月
朝日放送「探偵ナイトスクープ」にて「タケモトピアノの謎」という番組でCMを見ると赤ちゃんが泣きやむと注目を浴びる(以降日本全国的に認知される)
2001年
平成13年 5月
当社専用ポリウレタン塗料を関西ペイントで登録
2001年
平成13年 5月
ポリウレタン塗装開始
2001年
平成13年 5月
大阪府岸和田市に当社初のロジセンター開設
2000年
平成12年 7月
資本金8,000万円に増資
2000年
平成12年 5月
資本金4,000万円に増資
2000年
平成12年 1月
ラッカー塗装からウレタン塗装に移行
1999年
平成11年 3月
南海本線岸和田駅前に第2タケモトビル竣工
1998年
平成10年 12月
南海本線堺駅前に6階建本社ビル竣工(タケモトビル)
1998年
平成10年 2月
「タケモト商店株式会社」に社名変更 資本金1,000万円
1997年
平成9年 1月
業界初となるテレビCM放送開始
1995年
平成7年 8月
大阪府堺市堺区宿院町に自社工房と本社を移設
1994年
平成6年 8月
オーストラリア及びその他海外へのピアノ輸出を開始
1994年
平成6年 7月
約100年前のアメリカ製足踏み式ロールピアノを修復し報道(読売新聞)
1988年
昭和63年 6月
中古ピアノ買取部門開設
1987年
昭和62年 2月
韓国現代商事と輸入ピアノの西日本総代理店契約を締結
1986年
昭和61年 4月
「タケモト商店」に社名変更し大阪府岸和田市に本社移設
1983年
昭和58年 7月
「ピアノ保守サービスシステム」を独自開発し開始
1981年
昭和56年 6月
「株式会社四国楽器センター」設立
1979年
昭和54年 3月
「竹本楽器」高知県高知市にて創業 高知西武百貨店と取引を開始

商標/特許

商標

  • 商標1 登録第4923738号
    商標1
    登録第4923738号
  • 商標2 登録第5109389号
    商標2
    登録第5109389号
  • 商標3 登録第5454132号
    商標3
    登録第5454132号
  • 商標4 登録第5454133号
    商標4
    登録第5454133号
  • 商標5 登録第4886317号
    商標5
    登録第4886317号

特許

蝶番及び開閉装置及びピアノ(ゆっくり閉じる鍵盤蓋)

発明名称 : 蝶番及び開閉装置及びピアノ(ゆっくり閉じる鍵盤蓋)

出願番号 : 特許出願2002-65849  出願日 : 2002年3月11日
公開番号 : 特許公開2003-263151 公開日 : 2003年9月19日

発明課題

ピアノの鍵盤蓋を閉じる場合、ゆっくりと静かに行えるようにするためにロータリーダンパーを用いていたが、ロータリーダンパーは既存のピアノに後付けすることはできないので、既存のピアノでは鍵盤蓋をゆっくりと静かに閉じる構造にすることはできなかった。

解決手段

次の蝶番を使用する。即ち、対を成すヒンジ片5,6がそれらの間に保持される枢軸7を介して開閉揺動自在に連結され、枢軸7は軸心まわりのねじりに対してトーション作用を生起可能であってその各端部がそれぞれのヒンジ片5,6に対して各別に回動不能な状態に設けられており、両側のヒンジ片5,6が閉じ方向へ揺動時に枢軸7にねじりが加えられて上記トーション作用が増幅される構造である。

ピアノの買取・お見積りに関するお問い合わせはこちら
フリーダイヤル 0120-37-0009

24時間いつでもOK インターネット査定受付

思い出のピアノが世界に届くまで

CMを見る

ページトップへ